予防接種・乳幼児健診スケジュール

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。
また、新型コロナワクチンの接種前後2週間は、他の予防接種もできません。

新型コロナワクチンに関しては、市ホームページをご覧ください。

お子様の生年月日を入力すると、予防接種の接種時期・乳幼児健診スケジュールが確認できます。
ワクチン接種の計画、乳幼児健診時期の確認にご利用ください。

※予防接種券・予診票は対象年齢の前月までに郵送します。
※他の市町村に転出した場合は、郵送した予診票は使用できません。(転出する日の前日まで使用可)
※乳幼児健診の日時が未定の場合は、「予定」と表示されます。(例:2022.7予定)

予防接種

以下のワクチンは定期接種につき、対象年齢内は公費(無料)で接種いただけます。

お子様の生年月日を入力してください。

お子様のお名前を入力してください。(表示用)

ちゃん

以下のワクチンは任意(有料)接種となります。

定期接種と任意接種を併用で進める場合、ワクチンの性質上、接種間隔が変更されます。
かかりつけの医療機関にスケジュールの確認をすることをお勧めします。

  • インフルエンザワクチン
  • おたふくかぜ(耳下腺炎)ワクチンなど

子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的勧奨(再開)のお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)は、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な痛み等が接種後に見られたことから、
平成25(2013)年6月から積極的な接種勧奨の差し控えを行っていました。
このたび、厚生労働省から、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、
接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回るとされたことから、積極的勧奨を再開するとの通知がありました。
これを受け、柏崎市も個別の勧奨を開始します。対象者には、順次、接種券を送付します。

【定期接種】
対象:小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子
接種券発送時期:中学3年生・高校1年生に相当する方→6月に発送済み
        中学1年生・中学2年生→8月~9月頃に発送予定
(注意)対象は小学6年生からですが、標準的な接種期間が中学1年生のため、市では中学1年生時に発送します。

市ホームページ
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/soshikiichiran/kodomomiraibu/kosodateshienka/2/8/4229.html

【キャッチアップ接種】
※接種を差し控えていた平成25(2013)年~令和3(2021)年の間に、定期接種の対象であった方に、
 公平な接種機会を確保するため、公費(無料)で接種できる機会が設けられました。

対象:柏崎市に住民登録のある平成9(1997)年4月2日~平成18(2006)年4月1日生まれの女性で、
   過去に子宮頸がん予防ワクチン接種を合計3回受けてない方
接種券発送時期:7月上旬に発送しましたが、お手元に届かない方は子育て支援課に連絡してください

市ホームページ
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kenko_fukushi_kaigo/kenko_iryo/yobosesshu/32162.html

【自費で接種された方への払い戻し】
子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨の差し控えにより定期接種の機会を逃し、
定期接種の期間を過ぎた後に自費で接種された方は、接種費用の払い戻しを受けることができます。

市ホームページ
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/kosodate_kyoiku/kosodate/nyuyoji_shoniiryo/32508.html

【県外での接種を希望する方】
柏崎市に住民登録がある方で、県外での接種を希望する場合は、柏崎市に申請書を提出してください。

市ホ-ムページ
https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/soshikiichiran/kodomomiraibu/kosodateshienka/2/3/3124.html

日本脳炎ワクチンは供給状況が安定してきました

日本脳炎ワクチンの不足により、令和3(2021)年度末まで出荷調整が行われましたが、供給状況が安定してきました。
昨年度に接種券をお届けできなかった方には、令和4年(2022)年5月から順次発送します。

対象者:平成29(2017)年4月1日~平成30(2018)年3月31日生まれ
    平成24(2012)年4月1日~平成25(2013)年3月31日生まれ

柏崎市 乳幼児の
予防接種スケジュール一例

柏崎市 乳幼児の予防接種スケジュール一例

PDFを見る

異なるワクチンの接種間隔イメージ(厚生労働省)
2020年10月から

異なるワクチンの接種間隔イメージ(厚生労働省)2020年10月から

PDFを見る

異なるワクチンの接種間隔の見直しについて(お知らせ)

定期接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から接種間隔の一部が見直されることとなりました。

従来のワクチン接種間隔に関しては、生ワクチンを接種してから次回接種まで27日以上、
不活化ワクチンを接種してから次回接種まで6日以上の間隔をあけなければならない制限がありましたが、
令和2年10月1日以降は、注射生ワクチン接種後の注射生ワクチン接種においてのみ
27日以上の間隔をあけることとし、その他の接種間隔の制限がなくなりました。

ただし、あくまでも「異なるワクチンの接種間隔」における見直しであり、
同一ワクチンを複数回接種する場合の接種間隔の制限は従来どおりです。

改正後イメージ図を参考に、かかりつけ医と相談のうえ、スケジュールを立てましょう。

乳幼児健診

乳幼児健診・セミナーの参加者 濃厚接触者の待機期間の考え方

濃厚接触者の観察期間の考え方

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、中止や延期になる場合があります。新着情報をご確認ください。

健診は、赤ちゃんや幼児の発育状態を確認すると同時に、ママの育児に対する不安を解消する大切な場です。
特に、はじめての子育ては戸惑うことばかりです。気軽に相談できる健診の場を活用しましょう。
また、同じ月齢の赤ちゃんが集まるので、ママ同士が知り合うきっかけになり、情報交換もできます

令和4(2022)年度 乳幼児健診、妊娠期・子育て期のセミナー日程表(PDF)

ページ上部へ